中津市で整体をしている。遠山です。今日は神経の働きについて分かり易く説明します。よく神経と言う言葉で一般的に聞くのは神経痛という言葉がありますね。

例えば体を動かす順番として脳から身体を動かす命令が身体に行きます。そして神経の命令によって筋肉が動いて。関節(体)が動く。勿論、脳が大元だという事は皆さん分かると思います。その脳からの命令が行く通り道が神経なのです。つまり神経は伝達系統です。よく、整体に来る者さんに説明する時にも。分かりやすくするために電化製品に例えたりします^^

電化製品でいう所の電気系統。例えば、電気掃除機が有るとします。電気掃除機が故障した時に掃除機の部品などに問題があるのか、神経に問題があるという事は電気系統や配線やコードに問題があると言う事です。体人間の体で言うと部品は筋肉とか、靭帯ですね。だから筋肉や靭帯が悪くなってるのか電気系統つまり神経の動きが悪くなっているので筋肉がうまく動かないのか。という事の判断が大切になります。

そしてこの電気系統と筋肉骨格系統も同時に治していくのか、私が整体治療の主体としている。DRT整体なのです。DRT整体は背骨の優しく揺らすだけで歪みを取る整体を基本としますので、背骨の近くを走ってる神経の流れが良くなります。

また、身体の歪みが取れれば当然、筋肉の負担が減りますので、痛みも取れますし回復力も上がってきます。こういう整体で背骨の歪みを取る事は根本的な整体につながっていきます。根本的に治っていくと言う事は自然治癒力で治っていく事ですので、ただ「痛みが取れる」と言う事の他にも、DRT整体により、もっといい事がたくさんあります。

例えば、自然治癒力の働きが良くなると内臓に向かう神経の流れが当然良くなりますので、例えば「整体で今まで治らなかった便秘が良くなった」ですとか、「整体で長年の頭痛が良くなった」ですとか「整体で重い感じの腰が良くなった」ですとか様々な良い現象が起きています。

自分もこのような整体治療をしながら「整体で歪みが取れるとこんなに色んな良い事が起こるんだ」とビックリする事が多いです。

まだ患者さんには整体の後にいつも説明しているんですけども普段の姿勢を改善する事によって整体で歪みが取れた状態が長続きします。そして歪みを取る事で治療だけでなく予防という事においても役立つと考えています。整体された状態を長続きさせていって段々と整体の間隔を開けていくのがベストですね。

とおやま整骨院では整体された状態を長続きさせるために良い姿勢の指導を行う事が出来ます。良い姿勢を維持できれば、ドンドン良くなっていきます。自分が整体治療を提供して患者様に良い姿勢を維持してもらいながら患者さんと一緒に二人三脚で真の健康を目指していきたいと思っています。