中津市で整体をしています。とおやま整骨院の遠山です。今日は整体の治療と予防についてついて書きますね。

当院が行なっているDRT整体は当然ですが治療の時に使います。そしてDRT整体の創始者の上原宏先生は「他の治療を否定しない」という考えをされています。

運動においても、痛みが無い状態であれば予防になるのでお勧めですね。痛いのに無理して運動するのは良く無いですよね。まずは、治療ですよね。

自分が最近やっているの予防は、関節の可動域を広げる運動です。関節の動きを大きくする運動とというのは、どういうことかわかりますか?

これは関節の動きを大きくして、筋肉をしっかり動かしてあげる、筋肉が動けば血行もよくなる、筋肉を動かせば筋力は強くなる。ということは理解できると思います。

健康を保つためには当然ですが治療と予防が必要です。歯磨きと同じですね。虫歯があれば治療して虫歯が良くなれば歯磨きをして予防する。と考えるとわかりやすいですかね。

DRT整体では、整体後に姿勢を良くで歪みのない状態が長続させる事により予防になります。さらに関節の動く範囲を広くして運動をすると筋力が強くなり、予防になります。

整体が一番、大切ですが体が硬いままですと思ったように筋力も使えないので予防には効率が悪いと思います。整体以外で、関節の動きを良くする中でおすすめなのは主に肩関節や股関節を動かしてあげることだと思います。

整体以外に体操で背骨など体幹の骨もしっかり動かしてあげると動く範囲が広くなり予防につながります。整体治療をするだけでなく姿勢も良くして大きく体を動かす運動をしてあげると筋力もついて、肩こりや腰痛などの予防になります。

どうしても大きな関節である股関節などの動きが悪いと無理に膝から下の筋肉を使ったり体が前かがみになりやすかったりして良い状態を保ちにくくなります。

当院では整体治療はもちろん、県内唯一のボクシング教室をする中で、筋力をつけたり関節の動きを良くする体操をお勧めしています。

整体治療をするにしても予防にするにしても自分が今、行なっていることの目的は何か?ということを理解しておくと納得もできて継続しやすいです。

是非、整体でしっかり治療をして姿勢の改善や運動によりしっかり予防していきましょう。整体と予防で 健康の維持を行うと社会的活動も大きくできますし、楽しい人生を歩めますよ(^^)

お勧め動画を貼りますね