遠山です。中津市で日々、整体をしていくなかで感じる事、患者様に伝えたい事、伝えたい考え方をブログに書かせて頂きます。という事で今回は「治療と予防について」書きますね。

それは患者様はよく、治療と予防を一緒にして話をされることがあるからです。これは当然、身体の事を具体的に学んでないの仕方ない事だと思います。ですので、チョット分かり易く書きますね。

整体での治療は主に、身体が正常な時より悪い時に整体を行い、治しますよね。整体での予防は当然、今は正常で痛く無いけど、これから先はまた悪くならないように整体をして良い状態を保つため、更に良くするために行います。これを基本に覚えてくださいね。

治療としての整体では主に、整体・姿勢の改善などを行います。整体で歪みを取り除いたり姿勢を改善する事により肩こりや腰痛などの症状が早く、根本的に治っていきます。

予防としての整体では主に、良い姿勢の維持・筋力アップなどがあります。当院で良い姿勢を維持するための具体的な方法があり、これは中津市では唯一の方法です。

また、筋力アップについても、全国でも珍しい院長がボクシングも指導をしています。ボクシングは左右の身体を均等につかうので予防には凄くお勧めです。

順序としては当然、治療としての整体を行い症状が改善してから予防になっていきますね。痛みは主に、疲労が溜まると起こりますので、

整体をしながら筋力アップ、持久力アップをしておくと疲労が溜まりにくく回復が早いですね。という感じです。分かりますか・・・。

ですので治療の整体の時期に患者様から「運動した方がいいかな」「歩いた方がいいかな」「じっとしておくと逆に良くないかな」という話をされる事があります。しかし、それは予防の時期になってから行う事なので治療の時期にはしない方が良いです。病気をしたら安静にして、健康になったら運動をするのと同じですね。

この様に、基本的な事ですが理解して頂くとテレビでも健康番組などがありますので、何でも鵜呑みにせずに、自分の状態に合わせて考える事が出来れば有効だと思います。