中津市で整体をしている、とやま整骨院の遠山です。今日は「整体で治るための説明」について書きますね。

自分は以前、大阪で圧倒的な結果を出している、メディカルスペースきし貴志先生のセミナーをう受けた事があります。貴志先生のDRT整体で、クローン病の患者さんがDRTで改善した。という話を聞いていたので、すごく重要な整体治療のポイントがあるんだろうなと思ってセミナーを受けました。

しかし貴志先生が言われるには、一番大切なのは、治療ではなく説明だ。ということでした。ちょっとびっくりしました。しかし聞いてみると当然のことでした。

DRT整体の特長は「自然治癒力を最大限に発揮させる」ということができる整体で、アメリカのカイロプラティックが進化した整体治療なのです。

自然治癒力が最大限発揮されるということは・・・整体で歪みは取れることがもちろんですが・・・・整体の他に重要なことは、患者さんが「この整体治療を続けていけば治るんだ!」という気持ちになることですね^^

いつも言うことですが、勉強と全く同じですね。塾に行って・・・先生が同じ授業しても、生徒が「ここで勉強すれば絶対合格できるんだ!」と思っているか「塾に行ってもどうせ俺は受からないだろう」と思っているかで、成績の上がり具合が全く違いますよね。合否にも決定的な影響を及ぼしますよね。

このことを知ってから整体治療だけでなく説明の重要性を感じています。しかし肩こりや腰痛の患者さんに対し、整体の説明しながらも、正しいことをただ言うだけではダメだなと思っています。

すごい実績の先生のセリフを真似するだけでも駄目だなと思っています。最終的には自分の言葉で自分の整体の経験をもとに確信を持った雰囲気で話す必要があります。またすごい整体の先生の分かりやすい言葉を取り入れ、自分が自信を持って整体で治る説明ができることがすごく重要だと思っています。

これは、肩こりや腰痛で来られた患者さんに伝わります。ですので整体治療と同じぐらい説明が大事だということを最近すごく感じています。